#!/usr/bin/perl

PCや電子工作についてなど。Twitterに投げるには情報量が多すぎるもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EPSON Endeavor ST110の電源解析

ある日のこと、急にサーバを作りたくなりました。
ちょっとDBで遊んでみたいとか思っただけなので、低スペでいいから静音省電力で安価なサーバがいいなと。
そう思って秋葉原を歩いていたら、Q.C.PASSで、Endeavor ST110のマザーボードを発見しました。

Endeavor ST110とは、EPSONが2007年に発売した体積2.7Lの小型PCです。
モバイル向けCore2Duoを搭載し拡張バスはUSBだけという、なんともいえない、いにしえのスペック。
ただ、これのマザーボード IMISR-MAが680円で売っていたんですね。

T61から取り外したC2D T7250とDDR2な1GB * 2が部屋にあったので、これ使えば目標を達成できるんじゃね?と。

IMISR-MA(Endeavor ST110 M/B)

このマザーボードを使うにはただ一つだけ問題が。電源供給コネクタが特殊なんです。
画像を見ればわかりますが、ATXな電源コネクタとかついていません。
じゃあどこから電源を供給しているのか、という話になりますが、
どうやらPCIスロット(に見えるコネクタ)から給電しているようです。

ググってもピンアサインが見つからなかったので、調べてみました。
(使用部品のデータシートを拾ってきて、テスターでどこと繋がっているかを調べました)

以下がそのデータです。
Endeavor ST110 電源ピンアサイン
なお、このデータは間違いを含む可能性があります。使用する際は、一度、自分自身で確認してください。
このデータを元に電源変換基板を作って発火した、などと言われても責任は取りません。

+3VSBという端子がありますが、これはSuperIOに繋がっているようです。
通常のATX電源にはありませんが、+5VSBから出力3.3Vのレギュレータで+3VSBを作ればいいと思います。

また、PS_ONとPWROKはSuperIOに繋がっていますが、
SuperIOは3.3Vで動作し、通常のATX電源の信号電圧は5Vだった気がします。
ATX電源を始動させるにはPS_ONをGNDに落とす必要があります。
SuperIOのデータシートには5V トレラントと書いてあったので、大丈夫だとは思います。
(特にPS_ONはオープンドレインなので、電源電圧以上の入力も大丈夫なはず)

近日中に変換基板を作って試してみたいけど、試験期間なのでいつ作れるかはわかりません。
スポンサーサイト

コメント

Endeavor ST110マザー

こんにちは
このマザー、私も買いました。
一緒に置いてあった電源ボードも買いましたが、どうもこのST110用ではなくて、旧世代のST100用のようでした。
結局、起動できず放置中です。うまく起動できましたら公開希望です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://v2ndev.blog.fc2.com/tb.php/9-bc1fd930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。