#!/usr/bin/perl

PCや電子工作についてなど。Twitterに投げるには情報量が多すぎるもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングブレード X10 III NeoはPSoC 4を搭載している?

キングブレード X10 III Neoを分解している際に,実装されているマイコンがPSoC 4っぽいことに気が付いたのでメモ.
なお,この記事では,実装されているマイコンが実際にPSoC 4であるかどうかは検証を行っていません.

分解については,「キングブレードX10III Neo分解 - にせねこメモ」を参考にしました.



基板 表面
キンブレX10 III Neo 基板 マイコン側

QFN 40pinなマイコンが実装されている.
パッケージには,以下のような刻印がされている.

CLKBIR6A
1631 D 03
CYP626798
PHI □C
045


三行目の型番らしき文字列が「CY」から始まるので,Cypressのチップのような気がする.
いくつかのマイコンのデータシートを参照してみたところ,PSoC 4のピンアサインと電源周りが一致した.

キンブレ X10 III Neo マイコン電源周り

右側面の一番下が31pinで,PSoC 4ではVCCD(内蔵レギュレータ出力).
これはコンデンサ経由でGNDに接続されている.
その上の二つが32pin, 33pinで,VDDD, VDDA.これらは電池の+側に接続されている.
また,三つのパスコンも接続されている.
その一つ上がGND.

30pinはXRES(リセット端子)で,マイコンのプログラム時に必要となるため,裏面のパッドへ引き出されていた.
また,ほかに必要な12pin: SWD_IO[0]と13pin: SWD_CLK[0]も,裏面に引き出されている.



基板 裏面
裏面については,手元のキンブレは既に改造して基板が見えづらくなっているため,外部サイトから引用させていただいた.

キングブレード X10 III Neo 裏面

引用元: キングブレードX10III Neo分解 - にせねこメモ

基板上のパッドに,左上から次のような順番で番号を振る.
12345
6 78
このとき,先ほどのSWD_IO[0],SWD_CLK[0],XRESとGNDは次のように配置される.
2: XRES
3: SWD_CLK[0]
6: GND
7: SWD_IO[0]



なお,手元のキンブレは以下のように改造した.
キングブレード X10 III Neo 改造基板
青いワイヤはXRESをGNDに落としていて,基板上のマイコンをリセットすることで仮死状態にしている.
他の6本のワイヤは,筐体外へ引き出され,FTDI USB・シリアル変換ケーブル(3.3V)へ接続される.
これにより,libftd2xxによるGPIO操作で,PCからキンブレを任意の色で発光させることができる.

この改造で具体的にどのようなシステムを構築したのかは,後々記事にする予定.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://v2ndev.blog.fc2.com/tb.php/19-824c6df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。