#!/usr/bin/perl

PCや電子工作についてなど。Twitterに投げるには情報量が多すぎるもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad X201 SVP解除

ジャンクで買ったSVP付きThinkPad X201のSVP解除について、覚え書き。

必要なもの
・SVP付きThinkPad
・+ドライバー (ThinkPadの分解のため)
・針
・指貫(絶縁される必要があるので、非金属のもの)
・テスター

手順
(1) X201を、パームレストを外すところまで分解する。キーボードは外さない。
(2) X201にACアダプタを接続する。電源はまだ入れない。
(3) 指貫を装備する。
(4) ExpressCardスロットの下に、EEPROMのSDA信号が出ている場所があるので、それらしい場所を針で突く。(図1, 図2, 参考URL)
(5) テスターで針の電圧を測る。3.3V前後なら正しくSDA信号を拾うことができている可能性が高い。
(6) 針を指貫のみで支え、指で直接触れないようにする。(図3)
(7) X201の電源を入れる。
(8) 画面にThinkPadのロゴが表示されたら、針に指で触り、あいている手でF1キーを押してSetupモードに入る。
(9) WARNINGが表示されるが、無視してF1キーを押してSetupに入る。針は指で触りつづける。(図4, 図5)
(10) Security -> Password -> Supervisor Passwordを開く
(11) Enterキーを1回叩く。
(12) 針から指を離したあと、Enterキーをさらに1回叩いて、空白のパスワードを設定する(=パスワード解除)。
(13) F10キーを押して保存する。
(以上)

RIMG2400.jpg
図1: SDAの場所がマイクロビアで出てきている場所(詳しくは参考URLを参照してほしい)

RIMG2399.jpg
図2: SDAを針でポイントした様子 (シルク「C307」の上の白線上、3と0の間くらい)

RIMG2401.jpg
図3: SDAを針でポイントした様子 (全体)

RIMG2403.jpg
図4: 起動時のWARNING

RIMG2404.jpg
図5: BIOS画面(Machine Typeなどが表示されない)

・SDAとは?
I2Cバスのデータ線。
今回は、BIOSの設定が保存されているEEPROMの通信に使われる。

・なぜ針を使うのか?
できるだけThinkPadを分解せず、SDA信号にアクセスしたいから。
保護シートを貫通して、マザーボードのマイクロビアに触れるため。

・針を指で触ると何が起こるのか?
人間は電気的にコンデンサ(と抵抗を直列にしたもの)として見ることができる(らしい)。
I2Cバスは容量性負荷に弱いため、SDAに指で触れることで、信号波形を鈍らせ、通信を阻害する。

・なぜ指貫が必要なのか?
起動時にEEPROMを読み込むことができないとBIOSが起動できないので、起動時に針を指で直接触れない(=通信を阻害しない)必要があるため。
あと、針を直接抑えると痛いから。

・SDAをGNDに落とすのではダメなのか?
ダメだった。

・BIOS Setupの間、ずっと指で触れるのはなぜ?
ThinkPadのBIOSは、カーソル移動ごと(画面表示ごと?)にEEPROMの内容を読み直す仕様らしく、
Password設定画面においても通信を阻害する必要があるため。
スポンサーサイト

コメント

うまくいきました、ありがとう
タイミングがシビアで成功するまで試行錯誤が必要でした

  • 2016/04/09(土) 23:01:09 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://v2ndev.blog.fc2.com/tb.php/16-40ce91dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。