#!/usr/bin/perl

PCや電子工作についてなど。Twitterに投げるには情報量が多すぎるもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARROWS Tab Q582/G ドライバインストール

 先日,OSなしジャンクのARROWS Tab Q582/Gを購入したので,ドライバインストールに関するメモ.
対象OSはWindows 8.1 Pro 32bit版です.

 OSインストール自体は簡単で,Windows 8.1 ProをDVDからインストールするだけです.
USBメモリからのインストールは何故かできませんでした.

 用意できたメディアがVL版だったので,インストール後にACPI Tableからプロダクトキーを
読み出すというステップがありましたが,それは本題では無いので深くは書きません.

 まず,BunAudioさんのジャンク巡り収集紹介Blogの記事「ARROWS Tab Q582/G について
を参考に,富士通のドライバダウンロード(タブレットPC) からQ582/Gのドライバ一式と
Q582/Fの無線LANドライバをダウンロードし,インストールします.
インストール完了時点で,不明なデバイスが3つ残りました.

 1つ目は,BroadcomのBluetoothアダプタです.
これについては,SHARPのMebius Padのドライバが流用可能です.ただし,一筋縄ではいきません.
 1. Mebius Pad 各種ドライバーパッケージからDriver_V5.93.98.187.exeをダウンロード
 2. Driver_V5.93.98.187.exeを実行する.途中でエラーが起こるので,そこでエラーを閉じずに次のステップへ
 3. 「msiexec /a %TEMP%\{CC5C7800-354B-405B-991A-82428957D820}\Driver_V5.93.98.187インストールプログラム.msi」 を実行し,適当なフォルダへインストールデータを展開.これが終われば,エラーの起きたインストーラを終了して良いです.
 4. 展開先フォルダのProgram Files\Sharp\Driver_Installer\Driver\4_BT\にBluetoothドライバのインストーラがあるので,それをインストールする.
以上の手順で,Bluetoothドライバがインストールできました.

 2つ目は,Atmel タッチ デバッグ ポートです.
名前からしてタッチパネル機能を提供しているICのデバッグのためのもので,多分,不要ですが,
一応インストールしておきました.Lenovo ThinkPad Tablet 2のドライバが流用可能です.
Atmel タッチ デバッグ ポート ドライバー (Windows 8.1 32bit)

 3つ目は,富士通の電力制御関係(?)のデバイスです.
これは富士通から提供されています.
FUJ02E3 デバイスドライバー V1.30.1

以上,追加で3つのドライバを当てると,不明なデバイスが消えました.

さて,このタブレットはどう使おうか……(用途が見つかっていないのに買った).
スポンサーサイト

whywaitaと謎の板

この記事はwhywaita Advent Calender 2015の17日目の記事です。

前回の記事は,kurubushi312さんのkurubushi/sonota/whywaita_advent_calendar_2015_16 - 電気通信大学MMAでした.もう少し内容がわかりやすいタイトルをつけろ.

---
出会い
いつから僕のTLに居たのかは覚えていません。
技術系合同新歓で存在を認識しはじめ,話すようになったのは、Dentoo.LT登壇するする詐欺をするようになってからだと思う(結局、登壇したが)。

---
Dentoo.LT
1回目はDentoo.LT #11で、FPGAはじめました(結局始まらなかった)で登壇しました。今も始められていません。
2回目はDentoo.LT #12で、考える板の開錠で登壇しました。何とか実演(デモ)も成功し、会場がザワついたのは嬉しかったです。

次回も、ハードウェアで攻めていこうと思います。よろしくお願いします。

---
最近のwhywaita
ある日(why君の誕生日; 11/29は"いいにく"の日です。覚えやすくて良いですね)に、こんなDMが飛んできました。
11/29のwhywaita
「これ」とは、電脳売王で売っている産業向けマザーボードのことです。
(「前に言ってた適当なWindowsマシン」のことは忘れました。ごめん。)
謎ボード
これは、IEI社のKINO-CV-D25501というMini-ITXなマザーボードです。
I/Oが特徴的で、microSDスロット(Bootable!)、GigabitLAN x 2、USB 3.0 x 2、8bit GPIOがあります。HDMI出力もあるので、テレビにも簡単に繋がります。
CPUこそAtom D2550(1.86GHz/2C4T)と非力(第二世代Atomはインオーダ型なのでIPCが低い?)ですが、低消費電力のため発熱が少なくファンレスで、可動部品がないことによる長寿命化・高い静穏性を実現しています。

ゲートウェイにして遊ぶもよし、ファイルサーバにしても、録画機にしてもよし、
ネットワーク系の人にも、組み込み系の人にもおすすめできる謎ボードです。

謎ボード ≒ RasPi
そうだね。

---
why「注文内容が確定しました!」
(中略)
v2n「注文が確定しました!」
と、こんな感じで2人とも謎ボードを購入しました。

ちなみに、謎ボードという呼び方は

ここからきています。

---
このあたりから、記事の内容とwhy君の関係が無くなります。

(ここに様々な苦労があったが全て略す)Win7をセットアップし終わった謎ボードですが、DisplayPortをつけることにしました。
謎ボードにはLVDS映像出力が2つありますが、そのうち片方はD2550のDP出力から、CH7511というeDP/DP to LVDS Bridge ICによってLVDSに変換されて出力されています。
デスクトップPCの映像出力としてLVDSを使うことは、ほぼ、ありません。使わないLVDS出力は取り去って、DisplayPort端子をつけよう、ということです。

幸いにも、CH7511のデータシートが手に入ったので、周囲の信号の流れを把握することができました。
どこに何をつければいいのかは分かったので、DisplayPortの端子をchip1stopから購入しました。

とりあえず、φ0.32のUEWを適当にツイストペアして配線、DPコネクタを付けてみましたが……



1Mbpsで転送するAUXラインを使って,I2C over AUXによってEDIDの取得はできるが,MainLaneを使った通信ができない模様.
冷静に考えて、2.7Gbps/Laneを適当に配線して転送できるわけがない。
部屋に転がっているDisplayPortケーブルをぶった切ろうと思ったが,ここで時間切れ.

---
最後に
why君,メタルラックに基板を置くときは絶縁してね.次はこわしちゃだめだよ.

---
明日のwhywaita Advent Calendar 2015は__nomeaning__さんが書きます.
whywaita Advent Calendar 2015 Day 18 — Bitbucket

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。