#!/usr/bin/perl

PCや電子工作についてなど。Twitterに投げるには情報量が多すぎるもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux環境でLBP9100Cを使う

半年ほど前からCanonのLBP9100Cを使用しています。
Linux環境でプリンタを使うのは初めてですが、意外と簡単でした。
CUPSの出来が良いからだと思います。
ただし、CAPTのステータスモニタに少々問題がありました。

-環境
OS: Slackware Linux 14.1 x86_64
プリンタ: Canon LBP9100C LAN経由(固定IP: 192.168.1.2)

-CAPTドライバのインストール
Canonから最新版のドライバをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを展開すると、deb版とrpm版のドライバが見つかります。
rpm版のドライバをrpm2tgzした後に、installpkgでインストールをします。

-設定
CUPSを起動します。
# chmod a+x /etc/rc.cups
# /etc/rc.cups start

CUPSの設定は、コマンドラインとWebブラウザの二通りのインターフェイスから行えます。
今回の設定はWebブラウザから行ったので、その方法を説明します。

まず、ブラウザからcupsの管理画面を開きます。
http://localhost:631/

管理タブから、プリンタの追加を行います。
追加するプリンタは、ローカルプリンタのCAPT Printerを選びます。
接続先はccp://localhost:59687です。
名前はCanon_LBP9100Cにしました。
あとはプリンタのメーカ名/モデル名を選択すれば、CUPS上の設定は終わりです。

次に、CAPT側の設定を行います。
まず、ccpd(Canon CAPT Printer Daemon)を起動します。
# /etc/rc.d/init.d/ccpd start

次に、ccpdにプリンタを登録します。
-pにはCUPS上で登録したプリンタ名を、-oにはnet:のあとにIPアドレスを指定します。
# ccpdadmin -p Canon_LBP9100C -o net:192.168.1.2

以上で、印刷ができるようになります。

ccpdの起動は、/etc/rc.d/rc.localに書いておきましょう。

-pangox-compatのインストール
ステータスモニタ(captstatusui)はPangoというライブラリのX backend(libpangox)に依存しますが、最近のバージョンのPangoではX backendが存在しないようです。これを解決するため、pangox-compatをインストールします。
http://ftp.gnome.org/pub/GNOME/sources/pangox-compat/
これは特に難しいことはなく、./configure; make; make installでインストールできます。

以上で、ステータスモニタを起動できるようになります。-Pでプリンタ名を指定します。
# captstatusui -P Canon_LBP9100C
スポンサーサイト

kicad-install.shを使ったKiCADのインストール

EAGLE Light Editionのサイズ制限が厳しいと感じるようになったので、KiCadを使い始めました。
Slackware Linuxへのインストールで手間取ったので、ここにメモしておきます。

*環境
OS: Slackware Linux 14.1 x86_64

*前準備
追加でインストールする必要のあるライブラリとツールは以下のとおりです
-Bazaar
-wxWidgets
どちらも、入手できる最新版(bzr-2.6.0.tar.gz, wxWidgets-3.0.2.tar.bz2)を./configure; make; make installしました。

*KiCadのインストール
参考: http://www.kicad-pcb.org/display/DEV/Building+KiCad+on+Linux
手動でのインストール(The step by step way)は上手くできなかったので、ヘルパースクリプト(kicad-install.sh)を用いたインストール(The easy way)をしました。

kicad-install.shはSlackwareでの使用を想定されていないので、そのまま使うと、apt-getもしくはyumがインストールされていないために環境確認で撥ねられます。シェルスクリプトのinstall_or_update内に、環境確認を行うinstall_prerequisitesサブルーチンを呼び出す行(275行目前後)があるので、その行をコメントアウトします。

Bazaarにメールアドレスの設定を行う必要があるため、設定を行います。
# bzr whoami "hoge <fuga@example.com>"

以上で準備は終わりました。

あとは、スクリプトを実行すれば、自動でコンパイルとインストールを行ってくれます。
# ./kicad-install.sh --install-or-update

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。